flowerofADHD’s diary

発達障害ADHDを だるーく ゆるく 乗りこなす

やる気がない時のやる気の出し方

さて、昨日はブログも何もかも、

全く捗りませんでした。

 

ということで、今日はやる気のない時の

やる気の出し方について

お話ししたいと思います。

 

【1.毎日努力している友達に想いを馳せる】

私の場合原動力が人だと自覚しているので

「こんな人になりたい」という向上心を利用します。

 

その1人は、ブログを再開するきっかけをくれた友人の事です。

 

友人は1つの分野で卓越した人で、

 私のことを親身に思い、

現状に満足しているのかと問いかけてくれました。

 

友人に「成功してほしい」と言われたことが

飽き性の私が頑なに継続しようとする原動力です。

 

【2. 自己イメージは「私って向上心がある」】

 

捗らないのには、

①「やらなきゃいけない」という

後ろ向きな欲求との戦いに、もう一つ

 

②すぐにやらないやらないなんて、だめな私

という自己認識との戦いが必要になります。

 

この時、あなたが自分のためにしてあげたい

何か他のこと(簡単で気持ち良いことがおススメ)

私の場合、美容マスクという自分にとって前向きなことを

先に始めてしまいます。

 

関係のないことでも、

その場でできる自分にとって

プラスになることをすると自己認識が

ダメな私→いいことをしている私に変わり、

やる気が生まれます。

 

マスク中のオススメのグッズがあるので

機会があれば載せます。

 

【3. やっていないことは、公言しない】

これは、何かの本で読んだ読んだ知識ですが、不安や閃きをアウトプットした時点で、

不安が減り、行動力も同時に落ちてしまうというのです。

 

とくに短期記憶の弱いADHDの場合、

私は現状を良しとしていないと

思っているんです!と言うことで、

ちょっとすっきりしてしまうんですね。

 

先に言っておけば

出来なかったときの言い訳として

許してもらえる気がしますし。

(私はこれがとっても得意)

 

有言不実行に、なりかねません。

 

人は頭の中にある考えを外に出すことで、

満足してしまう生き物ということを踏まえて、

 

「私まだやってない」というモヤモヤは

発散してしまわずに原動力として

頭の中に大事に残しておいてください。

 

【4. 続けるだけで優れる】

まず、やる事が好きであることが大前提です。

私の場合3年以上ブログを始めたいと思っていたので

書くことが好きなのは間違い無いと思います。

 

好きなことがない皆様は、

やりたいことリストを作ってみるといいと思います。

 

その中で何年もリストに残るものがあれば

それは、面倒くささを越えて

あなたの実行力になると思います。

 

続ける(私はいまこの段階)

それだけで、他の人より優れることができます。 

私はそのことを他の分野で身をもって体験してるのでだからこそめんどくさくても続けようと思えてるのかもしれません。

 

#ADHD #注意欠陥多動性障害 #大人の発達障害