flowerofADHD’s diary

発達障害ADHDを だるーく ゆるく 乗りこなす

毒親との付き合い方

‪育ての親を毒親と思う方がいらしたら、‬
親がその程度の人格であると
認めることは辛いものですが、
幸せになるために大切なステップです。

幸せとは、あなたがなんの努力をしなくても、何を所有していなくても、あなたの存在を価値あるものとして認めてもらえることです。

親から自尊心を踏みにじられながら育つ子どもが、
親の要求する条件を満たすことなしに
自身を尊い存在として扱うことなど
到底不可能です。


幸せとは、承認欲求が満たされることだけではありません。本当の幸せは、承認欲求が満ち足りた、その先にある人との関わりです。

社会に出て精神的・経済的自立を余儀なくされていく中で
幸せになりたいと思うなら
自尊心を育む人付き合いを、
自力で選択してゆくことです。

一番近くて一番憎い親を許せる日が来たら、
それは、親を憎むご自身を許すことでもありますが…
社会に出てから
たいていの人間を許せるようになります。

「君は本当に心が広い」と
褒めてもらえるようになります。

人の痛みがわかって何が良いんだ!と思うことも、
死ぬほどあると思いますが、
死なないでください。